合格体験談

●合格カリキュラム

H28年12月入会中学2年生播磨南中学校男子(初めての塾・授業回数 週2回)
①得意科目がなく、まずは国語を重点に指導を行う。
②学年順位が100番前後だったため、基本的には復習をメインに指導を行う。
③冬休み以降は志望校の高校入試問題過去問題、使用し入試に向けた勉強を主に行う。

結果 神戸学院大学付属高校に合格

体験談】

もっと、早く塾に通っていればよかったです。

合格へのプロセス】

入会時、偏差値28程度から1年で40くらいまでと偏差値を上げることができました。もともと、すべての教科の偏差値が30以下と低く、何から手を付けていいのか…。という状態のため、まずは、国語を一からやり直しました。問題が解けない大きな理由が語彙力のなさで問題の意味が分からないことや、勉強をしていても意味が分からないから定着しないということが見受けられました。半年ほどで、国語の偏差値が50を超えはじめ、それをきっかけにほかの科目も少しずつ成績が上がってきました。
12月の実力テストでは、国語の順位が中学校で6位を取れるまで成績が伸び、それが自信となって高校受験も合格しました。

●合格カリキュラム

H286月入会中学3年生播磨南中学校男子(初めての塾・授業回数 週1回)
①夏休み期間を数学と英語と国語を主に学習。計算問題・文法・読解など教科の基礎固めを目標に勉強。
2学期以降は学校のペースより少し早く学習。2週間前からテスト対策勉強を始める。
③冬休み以降は全国の高校入試問題や兵庫県の過去問題、模試の過去問題などを使用し入試に向けた勉強を主に行う。

結果 明石城西高校に合格

体験談】

学校から帰ると毎日塾に行きました。自習でも課題を毎回出してくれ、分からないところがあれば授業でなくても説明をしてくれました。テストの後や模試の結果から、勉強方法や受験の話をしてくれたので高いモチベーションのまま受験を迎えることができました。

合格へのプロセス】

入会後、苦手な英語を中学1年生の範囲から復習し、得意な科目を作るために数学に力を入れました。入会当初は41しかなかった英語の偏差値も1月では52.1まで、数学も46.1から62.3まで伸び、安定しない社会や理科をカバーできるまで成長し、入会時合格率20%以下だったにも関わらず志望校に合格しました。

合格カリキュラム

H275月入会高校3年生東播磨高校女子(塾切り替え・授業回数 週2回)

①私立文系に絞り、英語と日本史に力を入れ学習を開始。
9月を目途にセンター入試過去問題を解き始め2か月程復習。
11月以降、各大学の試験よりセンター入試の方が高得点を取れるためセンター入試併用型受験に変更し、センター入試対策を重点に学習。

結果 甲南大学に合格

【合格へのプロセス】

現代文が得意で入会時からセンター入試の過去問題でも6割は取れる生徒でした。英語と日本史が苦手で、苦手を克服するために11月くらいまで2科目を重点に学習してきましたが、2科目を重点的に行うには時間が足らない可能性もあり、12月ごろから入試方法を変え、得意な現代文に力を入れ高得点を目指すための勉強と5割以上を目標にした英語と日本史の勉強にしました。志望校が甲南大学だったので、センター入試併用型に標準を置き、結果、現代文が96点取りセンター併用型で合格しました。

【体験談】

部活が終わってから受験勉強を始めたので志望校合格は難しいと思っていましたが、受験方法や大学のことを調べてもらい自分に一番合った受験を見つけてくれたのが合格に繋がったと思います。

合格実績(大学入試
2018年 関西大学
2017年 神戸常磐大学・神戸海星女子学院大学
2016年 甲南大学・武庫川女子大学・神戸学院大学

合格実績(高校入試)
2018年 加古川西高校・東播磨高校・明石城西高校・明石高校・明石西高校・播磨南高校
    滝川第二高校・滝川高校・神戸学院大学付属高校・神戸野田高校
2017年 明石城西高校・明石西高校・東播工業高校
    滝川高校・神戸国際大学付属高校・神港学園神港高校
2016年 国立舞鶴高専・東播磨高校・加古川北高校・高砂南高校・高砂高校・明石清水高校